保有看護師転職
ホーム > 転職 > 保育士の不満は労働時間?年収?どっちも?

保育士の不満は労働時間?年収?どっちも?

子供が好きで保育士になろう!と資格を習得するために、専門学校などで勉強して、保育園で必要なことを学び、いざ、保育園に勤務。

 

ところが、そこで待っていたのは過酷な長時間労働!

 

毎日朝から夜遅くまで仕事をして、運動会やイベントなんかの用意もして・・・ととても大変だが、子供が好きだからと我慢して続けている方も多い。

 

だが、離職率が非常に高いのは、我慢の限界!というよりも、自分の生活がままならないという理由が大きい。

 

保育士は資格が取りやすいため、言い方は悪いが誰もがなれる職種でもある。

 

待機児童などの問題もあり、どの保育所なども人材不足だったりするが、年収が低いため、なかなか人材が集まらない。

 

資格を保有していても、数年で辞めて他の職業へと転職している方が多く、私の友達もあまりにも給料が低いため、他の職種へ変更した。

 

子供が好きだから!

 

この理由はとても大事ではあるが、自分の生活ができなければストレスや気持ちに余裕ができない。

 

続けている人の話を聞いていると、家族の援助があったり、実家に住んでいる・Wワークしているなど、社会人になっても自立するのがなかなか難しい職業でもある。

 

もう少し年収が高くなれば、保育士の資格を所有している人は物凄く多いため、待機児童で悩むことは解消されそうではあるが、求人や転職を見ても、他の職業よりも安く、労働時間も長いため、なかなか働こうと思わない。

 

アルバイトやパートであれば問題ないが、社会人としてはやはり厳しい。

 

また、ストレスの原因では、モンスターペアレントが増えているため、長時間労働・低収入に加え、心のストレスも負担がかかる。

 

昔のように伸び伸びできればよかったのだが、今は本当に面倒な世の中になった。

 

それはさておき、保育士が不満を持つのは、労働時間と年収のどちらもであり、最低でもこのどちらかを納得できる条件にならないと、今後も保育士は増えていかないだろう。

 

ではどうするのか。

 

私の友達のように他の職業に転職するのか、今のまま我慢するのか。

 

答えはだ!

 

実はあまり知られていないが、エンジニアなどのように、保育士もある程度経験をつめば、転職によって給料を上げることができる。

 

または、賃金アップではなく労働環境のよい保育園に行くことで、長時間労働から解放できることも多々ある。

 

つまり、別の保育園に転職すれば、これらの悩みは実は解決されることがある。

 

例えば、どのくらいの年収が上がるのかというと、こちらの転職・求人の保育士情報で紹介されているが、転職の仕方によっては月給10万円アップなども夢ではない。

 

今のままで満足されているのであれば問題ないが、生活にゆとりがないと今後年を重ねるに連れて厳しくなってくるはずだ。

 

子供が好き、という気持ちだけでは続けることが難しいため、数年の経験を積んだ後、転職でより好条件の保育園に行くほうが、キャリアアップにもつながり、より充実した日々を送れるだろう。