保有看護師転職
ホーム > 健康 > 休めなければ疲れたまま

休めなければ疲れたまま

私たち人間の体は、どれだけ酷使しても元通りになるという作りにはなっていません。
使った後は休めなければ疲れたままですし、歳を重ねるにつれて弱っていく消耗品なのです。
その為に、歳をとるにつれて体のケアが必要になりますし、
若いころと同じような感覚で体を扱っていては体を痛めるばかりの結果になってしまいます。

ただ、現代人は時間に追われ、誰もが忙しい毎日を送っていますので、
自分の体のケアをする時間すらないのが現状だと思います。
サラリーマンの方は朝早くに家を出て、一日会社で働き、時には残業を強いられ家に帰ります。

時計の針が12時を回っている時もあるでしょうし、とてもゆっくりしていられる状況ではありません。
主婦の方も昼間はパート。家に帰って洗濯などの家事を終えて食事を作ってバタバタ...。

そのような毎日を送っていますので、体の疲れは取れることがなく、
体に疲れが蓄積していきます。
そうすると、たまった疲れによって体が元の健康な状態に戻ることが難しくなってしまい、
肩や腰、足といったいろいろな場所を壊してしまうのです。